いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうの最終回あらすじはこちら。見逃し視聴方法《公式》

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
作品概要
杉原音(22・有村架純)は、育ての親である老夫婦・林田雅彦、知恵夫妻のもと、北海道のさびれた町で暮らしていた。
林田は音を家政婦扱いし、寝たきりになった妻・知恵は、音の介護がなければ暮らせない状態だった。音は、「あきらめること」を教え込まれて生きてきたため、特に夢を見ることもなく、そんな状況をただただ受け入れて生きていた。
その頃、曽田練(25・高良健吾)は東京の運送会社で引っ越しの仕事に就いていた。福島で、畑を営む祖父に育てられた練は、人を疑うことを知らない。だまし取られた畑を買い戻すために働いていたが、運送会社でも先輩たちからはひどくこき使われ、へとへとになるまで働いていた。給料は安く、貯金などできないまま、古ぼけたアパートで苦しい生活を送っていた。練には木穂子(25・高畑充希)という恋人がいた。練の安アパートに日常的に泊まっていくような関係であり、何かとだまされがちで借金をつくる練に金を貸す。困惑しながらも練も拒絶することができないでいた。
ある日、練は、悪友の晴太(21・坂口健太郎)が、北海道で盗んだというカバンの中から、古ぼけた手紙を見つける。「音へ」と書かれたその手紙の内容を読んだ練は、この手紙は絶対に持ち主に返さなければならないと強く感じ、トラックを飛ばし北海道へと向かう。
原作
原作テキスト–>
キャスト
有村架純/高良健吾/高畑充希/西島隆弘/森川葵/坂口健太郎/浦井健治/福士誠治/森岡龍/永野芽郁/桜井ユキ/我善導/林田岬優/安田顕/大谷直子/田中泯/柄本明/高橋一生/松田美由紀/小日向文世/八千草薫
スタッフ
■脚本:坂元裕二■音楽:得田真裕■主題歌:手嶌葵「明日への手紙」(ビクターエンタテインメント)■プロデュース:村瀬健■演出:並木道子/石井祐介/髙野舞■制作:フジテレビドラマ制作センター
【年代】 :《2016》
【曜日】 :《月曜日》
【オンエア時間】 :《21:00》

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 最終回

オンエア日:2016/3/21

#10 2016/3/21放送 永遠の約束

あらすじ
音(有村架純)と練(高良健吾)は互いのことを好きであるという気持ちをあらためて確認した一方で朝陽(西島隆弘)はあらためて音に2人で幸せになろうと訴える。木穂子(高畑充希)はそんな音と練の2人が自分の気持ちに正直に生きてくれるよう2人それぞれに会って懇願していた。そんな中、音は自分の心を決め、練に会って話をすることを決意、2人は会う約束をする。約束の日、音はなかなか時間になっても現れない。練に会いに行く途中の駅で音は奈良から東京に出てきたばかりの少女に出会う。鞄をとられてしまったという少女、明日香(芳根京子)を助けるために音は騒動に巻き込まれてしまい病院に運ばれる。音が病院に運ばれたと聞いて駆けつける練、朝陽、木穂子ら。音にいったい何が起きたのか。朝陽は音の鞄の中から音が書いたと思われる手紙を見つける。朝陽は、この手紙の中には音が練と朝陽のどちらを選んだのか答えがあるのではないかと考える。木穂子は朝陽に音を信じて祈っているよう伝えるのだった。駅で音と出逢い助けてもらった少女、明日香も病院にかけつける。音が大変なことになっていることを知りショックを受ける。音の命は、そして練、朝陽、木穂子、小夏、晴太の行く末にどんな未来が待っているのか。

いますぐ、いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうの最終回を見る⇒フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
※2018年4月現在の情報です。作品によっては配信が終了している場合があります。

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうの最終回を、AmazonアカウントでFODプレミアムに初めて登録すると、初回1ヶ月が無料で視聴可能

無料視聴キャンペーンは期間限定。サービスが終わる前に見たい番組をチェックだ

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうの最終回は単品作品で見ることもできますが、いまなら、FODプレミアムが「31日間の無料お試し期間」が設定されているので、
この無料期間を上手に活用すれば、0円で「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」を観ることができます!
※無料期間終了までに解約すれば0円 解約料も一切不要だから安心です!

FODプレミアムとは??
フジテレビが運営する動画配信サービス(月額 税別888円)で、フジテレビで放送中の最新ドラマから、
過去に放送した作品(ドラマ・バラエティ・アニメ・映画など約2万作品)を、PCやスマホ、タブレットなどで、
いつでもどこでも視聴できるサービスです。

無料期間31日間を上手に活用すれば、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうの最終回」や他の作品、人気雑誌の最新号を楽しもう!

出演者:有村架純さんに関する話題


有村架純どうですか?

masaya君復活おめでとう!
知恵袋したら通報します。誰これ構わずに>大好きです?>可愛いですよね。>


みたら必ず回答してください。モニタリング?有村架純ちゃん有村架純ちゃんがカフェの男女共用トイレを利用しました。そのとき有村架純ちゃんはトイレの鍵をかけ忘れてしまいました。そこで知らないおっさんが入ってきて、有村架純ちゃんの下半身やトイレシーンを見てしまいました。見られた有村架純ちゃんはどんな反応をすると思いますか?1.恥ずかしさと恐怖で黙り込む2.冷静に、すみませんと言う3.きゃっ!と可愛い悲鳴をあげる4.きゃあああああ!と絶叫する

難しいとこだけど3かな


紅白司会 有村架純 顔でかくなかったですか?やはり顔がでかいなあなんかいつもより大きく感じました。

私も思いました(笑)相葉雅紀が顔小さいから余計に気になった。それと、華々しい舞台や衣装なのにメイクや髪型が質素だった。もっとラメを散りばめても良かったと思うけどなぁ。司会は安定してた(^_^)


有村架純様は心は汚れてないですか

心は綺麗です。私の大好きな有村架純ちゃんは頑張ってほしいです。頑張れ有村架純ちゃん!!!
足の裏まで可愛いよ!・・>身も心も
とっても綺麗だと思います>目は澄んだ目をしてますよ。>そう思えるとしたら、それはあなたの心が
汚れているからです。>心きれいと思います。>


映画、三月のライオンをみました。その有村架純の役の心情がよくわかりません。彼女は良い人?悪いひと?でも、れいのことは本心では好きなのかなと思います。嫌いならわざわざ家にきませんよね?れいも有村架純の役の人が好きですよね?初詣であんなにつっかかってきませんよね?普通は。

有村架純さんが演じているのは幸田香子という女性ですよね。原作・アニメ版でもありましたが、主人公の零は彼女の事をこう表現しています。「香子はヒビの入ったグラスみたいな女の子だった。」「いくら水を注いでも決して満たされる事は無く」「家族もいて、容姿にも恵まれ、周りの人間を支配する力も持っているのに」「それでも、いつも飢えた獣みたいに寂しさにむしばまれていた。」「そして、そのグラスにヒビを入れたのは、他でも無く…」「義父と、僕だった。」幸田香子は勝気で気性の激しい女性です。『周りの人間を支配する力も持っている』が如く、人を下に見る性格でした。ところがやがて香子は将棋の実力が零に追い抜かれてしまいました。そしてそれは最終的に父親の幸田柾近(こうだ まさちか)から「奨励会」からの退会を促されることに繋がりました。香子は本気で女性プロ棋士になりたかった様です。「奨励会」からの退会はその夢を絶たれるという事でした。原作中でも香子は父親の柾近に対する感情を零に涙ながらにこう告げています。「忘れないわ。たった中2で娘に人生の落伍者のレッテルを張りつけたのよ?」もっとも、父親の柾近は、香子の実力と将来性というよりも彼女の性格を考慮したのかも知れません。香子は零に将棋で負けると怒りに任せて零に張り手を食らわせる様な性格でした。父親の柾近はこれに激怒していました。「将棋うんぬん以前の問題だ!!負けた相手を殴るだなんて!」また、香子の弟の「歩」も将棋の実力が零に追い抜かれて、自ら将棋を辞めてしまいました。映画版にはありませんでしたが零は柾近に説得するように頼んだようです。しかし、柾近「自分で自分を説得しながら進んでいける人間でなければだめなんだ。」「プロになるのがゴールなんじゃない。なってからの方が気が遠くなるほど長いんだ。進めば進むほど道は険しく、周りに人はいなくなる。」「自分で自分を調整・修理できる人間しか、どの道先へは進めなくなるんだよ。」この言葉を聞いてどうで思うでしょうか?これは香子にも言える事でしょうね。柾近はプロ棋士として厳格に香子に対して判断を下したのでしょう。しかし、それにより香子の心はボロボロに傷つき『ヒビの入ったグラス』の様な人物になってしまったのでした。また、主人公の零は柾近についてこう感じていました。「父(義父)は将棋を愛していた。」「良くも悪くも全てが将棋中心だった。」「だから彼を愛する者は強くなるしかなかった。」「彼の視界に入り続けるために。」これから考えるに、香子も柾近を父親として愛していたのでしょう。また愛される為にも『彼の視界に入り続ける』必要があった。そしてそれには将棋を強くなるしかなかった。しかし、柾近は香子にプロ棋士になる事を諦めさせました。香子のボロボロに傷ついた複雑な心もわかると思います。主人公の零の存在は結果的に幸田家をバラバラにしてしまいました。しかし零に罪があるのかというと…。原作中には実は香子も内心それが自分でわかっている様子もちょっとあるのです。そして零に甘えているというか愛情が少なからずあるのでは?と思わせるシーンも。例えば、零が幸田家でまだ暮らしていた少年時代の回想。零の部屋に突如窓から香子が入って来て、零がいる布団の中に香子が入って来るというシーンもあります。「触らないで……。でも離れないで。」じっとしている零に香子は背中からしがみついているというシーンです。また、ある少年時代の回想シーンでは、香子が零にアイスクリーム?をあげているシーンもあったりします。(香子の表情はツンツンぽい感じです。)映画版では、川本3姉妹と香子は神社のシーンで初対面となっていました。原作では別のシーンで零と香子が口論している際中に初対面となります。その際、3女のモモちゃんは香子に対して「魔女」と呟きます。その後、香子は零のマンションへと上がり込みます。そして後藤正宗(伊藤英明)との不倫関係に悩んでいることを零に語っています。「あのチビ(モモちゃん)、人のことを魔女だとか言いやがって…。」「本当に魔女なら、こんな情けない苦労してないわよ…。」「ねえ 零 どうしよう…。」「わたし…こわい…。」と零に後ろから首に抱きついています。このように香子は現在は非常に複雑な心を抱いたまま成長しています。そしてそれに対して、翌日に零は香子と別れた後、「あの日、引き裂かれるような想いであの家(幸田家)を出たのに…」「姉も僕も…。こうして何も変わらないまま、変えられないまま…」「姉弟にも、他人にもなり切れないまま…」と零もまた香子に対して複雑な心を抱いたままでした。ですので、>その有村架純の役の心情がよくわかりません。> 彼女は良い人?悪いひと?香子の心情は複雑すぎるので良い人?悪いひと?の判断は簡単には言えませんよね。ただ映画版では、零が新人王戦のタイトルを獲得した後、香子が零に「おめでとう。」とTELするシーンがありました。これは原作には無いシーンです。自分には有村架純さんが演じているのは香子が零に少なからず好感を持っていると感じられましたよ。>れいのことは本心では好きなのかなと思います。嫌いならわざわざ家にきませんよね?上の事からも少なからず好感は持っていると思います。ただ香子の性格で葉、それは口が裂けても言えないのではないかと思いますよ。>れいも有村架純の役の人が好きですよね?初詣であんなにつっかかってきませんよね?普通は。 零は香子が好きというのはちょっと違うかも知れません。愛情では無く、あくまでも義姉という家族に対する感情のように思えます。あくまでも零は義弟として義姉を心配しているという優しさの感情であると思いますよ。それから、これは映画の後編もネタバレにもなりますが…。零は香子とは別の人物が好きになります。その人物とは…。答えは4月22日の後編にて…。それではこれにて。 (⌒ー⌒)ノ~~~


もしも、有村架純ちゃんが実は私は小保方さんが、ミドリ虫に関しての授業を1人寒い秋の公園ででへでへ笑いながら1人で行っているのを見て、ウチは頭が痛くなり痛々しい気分が移ってしまい鬱の状態になりました泣。折角の紅葉が何か哀しく見えました泣。こう言ったら如何思いますか。

おはようございます。 今では貴重な小保方さんの画像になりましたね。。 そうですね。 このポエムのストーリーの通り、二人とも鬱の状態なのがピッタリな状況ですね。 もっとも、立場的には 小保方さんの方が 症状の重い鬱でしょうけどね。。 ある意味現在は小保方さんも エニート でしょうね!


もしも、有村架純ちゃんが実は私は小保方さんが、ミドリ虫に関しての授業を1人寒い秋の公園ででへでへ笑いながら1人で行っているのを見て、ウチは頭が痛くなり痛々しい気分が移ってしまい鬱の状態になりました泣。折角の紅葉が何か哀しく見えました泣。こう言ったら如何思いますか。

おはようございます。 今では貴重な小保方さんの画像になりましたね。。 そうですね。 このポエムのストーリーの通り、二人とも鬱の状態なのがピッタリな状況ですね。 もっとも、立場的には 小保方さんの方が 症状の重い鬱でしょうけどね。。 ある意味現在は小保方さんも エニート でしょうね!


なんでビリギャルで有村架純はカラーフライトを使っていたのですか?

美術スタッフが用意したからです。
スタッフの配慮かな。ちなみにおっぱい大きいと言われてるし。>


有村架純どうでしょう?どうでしょう?どうでしょう?どうでしょう?どうでしょう?

姉のほうでは?


有村架純が出演していた月9ドラマ『いつ恋』の主演有村架純じゃなくてもし能年玲奈だったら視聴率とれてたでしょうか?

バカタレ!女(有村)と男(脳念)の違いはあるとはいえ、実力にが断然上の有村でも数字が取れないのに脳念が取れるわけないだろ!
同じと思います。>話が面白くない。>